デザイナーのスキルアップ

【年収2.5倍を実現】Webデザイナーが年収アップできる有利な6つのスキル

【年収2.5倍を実現】Webデザイナーが年収アップできる有利な6つのスキル

Webを含めてデザイナー歴12年目のずぼらなオッターです!

今回は人生で多くの人が悩んだことがあるであろう年収アップさせる方法についての記事です。中でもWebデザイナーがどういうスキルを持っていれば年収アップできるのか、という点だけにフォーカスして詳しくまとめました。

僕は実際にWebデザイナーになってから年収を2.5倍までアップさせたのでこういうスキルがあれば年収アップにつながるというものをピックアップしています。Webデザイナーの方々の参考になれば僕も嬉しいです!

にゃん助

年収アップさせるために必要なスキルってあるの?

ずぼらなオッター

トレンドになってるスキルや将来需要が高くなろうであろうスキルをつけておくと年収アップに繋げやすいよ!

ずぼらなオッターはどんな人?

グラフィックデザイナー歴は12年で、現在Webディレクターとして働いていて9年前に独学でWebデザインを勉強し、スクールや学校に行くことなく、Webデザイナーとして現在では副業もやっています。Webデザインは大規模なコーポレートサイトデザインから、UIデザインや細かいものだとバナーのデザインは1,000本以上デザインしてきました。

この記事が役立つ人
  • Webデザイナー
  • Webデザイナーになったばかりの人
  • 年収アップしたいと思っているデザイナー
【年収100万円アップできた】Webデザイナーにおすすめの転職サービス7選 こんにちは!転職4回経験している現役のWebデザイナーのオッターです。今回は転職をしている私が使っている転職サービス、転職サイトについ...

スペシャリストよりもジェネラリストのほうが重宝される

これまでWebデザイナーになってからはスペシャリストになることを当初は目指していました。スペシャリスト、つまりはその分野で専門性の高い人を指します。

しかし、転職を繰り返していくうちに企業からは何でもできるひと、色々な知見がある人、つまりジェネラリストのほうが求めている企業が多いんではないか?と気付きました。

特にWeb業界、IT業界はベンチャー企業や大きい企業の新しい部門として立ち上げられることも多く様々な経験を持つジェネラリストが特に求められます。そのためできることがどんどん増えてジェネラリストになっていくほうが求人数が多い、そのため年収アップの交渉がしやすい。ということに繋がります。

にゃん助

つまりWebデザインだけでなく色々とできる人、知識がある人のほうがいいってこと?

ずぼらなオッター

そうだね。専門性を高めるよりも色々なスキルを持っている方が体感として重宝されるね!専門性がある人を求めるなら外注でフリーランスに依頼したほうがいいからかもしれないよ。

年収アップできるスキル① プログラミング

今やプログラミングは一番おいしいスキルじゃないかな?と感じます。プログラミングができればフリーランスでもやっていけるし、基本的に仕事に困ることはないでしょう。

プログラミングがある程度できて人に好かれやすい性格で、人当たりが良い人ならすぐにクライアントもできるので一人でやっていくこともできます。Webデザイナーに加えてプログラミングスキルも持った人はかなり重宝されるので転職でガッツリ年収アップも見込めます。

プログラミングを書けるようにならなくてもある程度の基礎知識、コードを読めるくらいでも充分人材として価値を見出すことができますよ。

にゃん助

プログラミングスキルはそんなにおいしいスキルなの?

ずぼらなオッター

プログラミングとWebデザインスキルがあれば今の所フリーランスでもかなり仕事ももらいやすいし、困ることはないスキルだよ!

年収アップできるスキル② コミュニケーション

え?年収アップにコミュニケーションスキル?と思われる方も少なくないでしょう。しかし、コミュニケーションスキルは年収アップにはとても欠かせないスキルです。

なぜならWebデザイナーは様々な人とのコミュニケーションを必要とする職業なのでコミュニケーション能力が高ければ高いほど良い仕事、良い会社にはいることができます。

Webデザイナーに求められているのはデザインセンス、デザイン能力だと思っている方が多いですが一番重要なのは「その人にデザインを頼みたいかどうか」です。

コミュニケーションが円滑で、なんだか話しやすいし、あの人なら話が早い!そういうデザイナーには仕事がどんどん集まってくるのでコミュニケーション能力は年収アップに繋がります。

面接でもコミュニケーション能力が長けていることが重視されることが多いです。私も実際にコミュニケーション能力を見ることのほうが多いです。

にゃん助

オッターくんはそこそこしかできないコミュ力高いデザイナーとデザインスキルが高いデザイナーならどっちを採用する?

ずぼらなオッター

もちろん、前者だね。コミュニケーション能力が低い人の場合、結局仕事のスピードが落ちてしまうことが多いよ。

年収アップできるスキル③ ディレクション

Webデザイナーとしてはプレイヤー止まりなのでどうしても自分ができる仕事の範囲も狭く、手を動かしている限り大きな仕事にも携わることが難しいです。依頼があったタスクをこなすだけだとどうしても年収アップは頭打ちになってしまいます。

そこで手に入れたいスキルがディレクション能力です。WebディレクターになることでWebデザインの仕事をより一層上段から進められることができて、Webデザイナーと一緒に仕事してより多くの成果を出すことができるようになります。

そのためWebディレクターになれば成果物も大きくなっていくので年収アップが必然的に見込めます。WebデザイナーはまずWebディレクターを目指すのが基本的にはサクセスストーリーだと私は考えています。

にゃん助

仕事の量を増やして成果を増やすためにディレクターになったほうが良いってこと?

ずぼらなオッター

Webデザイナーのままではできる仕事量がある一定以上は物理的に難しくなるよ。だからディレクターとしてWebデザイナーに依頼する立場になれば成果も増えて年収アップも見込めるっていう感じだね。

年収アップできるスキル④ UIデザイン

今やWebデザインは見た目が良いことは普通です。デザインが綺麗でシンプルで、なんてできて当たり前。そこから一歩先にスキルアップしてステップアップできるのがUIデザインのスキルです。

例えばECサイトをデザインするときも見た目が良いだけではなく注文フォームがいかに使いやすく迷いなく、お客様がどう感じるかと分析し、UIデザインを作ることができるようになっていると良いです。これからの将来UIデザインは更に注目されるでしょう。

きれいな見た目、良いものであってもお客さんの行動を妨げるUIならいくら良いデザインでも無駄になってしまいます。良いデザインを作れるWebデザイナーになったなら良いUIも作れるUIデザインのスキルをつけるとより説得力の高いWebデザイナーになることができます。

にゃん助

WebデザインとUIデザインって同じじゃないの?

ずぼらなオッター

厳密にいうと全く違うよ。Webはあくまで見た目をデザイン性の高いものを作ることが多くの場合目的になるけど、UIデザインはいかに使いやすいか、論理的にデザインするものだね。

年収アップできるスキル⑤ UXデザイン

一般的にUXデザイナーはWebデザイナーに比べて1.5倍〜2倍以上の年収といわれています。UXデザイナーはデザイナーという名前がついてる業種ですがお客さんの体験をデザインする仕事なのでよりマーケティングよりになります。

カスタマージャーニーマップなどを作成し、お客さんがどういうルートで認知して、どこから注文して、どうやって2回目の注文をするか、など細かく分析します。

WebデザイナーからUXデザインのスキルをもし習得できればWebデザイナーのときに比べてぐんと年収アップして転職することが可能です。まだまだ希少性が高いスキルなので今のうちに習得することがおすすめです。

にゃん助

UI/UXデザインってよく表記されてるけどUIとは違うものなの?

ずぼらなオッター

そうだね!UXデザインは体験を設計することなのでより顧客行動分析などが必要になってくるスキルだよ。デザインといっても実際になにかデザインで作るというよりは行動や体験を設計する感じだね。

年収アップできるスキル⑥ マーケティング

Webデザイナーの仕事って大きく言えばマーケティングの中の一部だと私は考えています。Webデザインをなぜするのか?というと多くの場合はWebでの集客です。

そのためWebデザイナーなのに全くマーケティングのスキルがないっていうのはDTPオペレーターと同じくただただずっと作業だけして毎日タスクをこなすだけの忙しいのに年収が上がらない…という状況になってしまいます。

そのためWebデザイナーとして、マーケティングの目線でWebデザインを作ることができてそれをプレゼンできるWebデザイナーになることで説得力があるデザイナーになることができます。なのでマーケティングスキルも兼ね備えたWebデザイナーは年収アップが見込めます。

にゃん助

マーケティングスキルっていうとマーケターになるようなイメージなの?

ずぼらなオッター

そこまで専門性は高めなくて良いと思うよ。できればGoogle AnalyticsやSearch Console、ヒートマップツールが見れるようになっていると良いかな!ある程度数値分析できるだけで充分強みになるよ!

まとめ〜最初は広く浅くで良い〜

Webデザイナーが年収アップさせるために有効な6つのスキルをご紹介しました。どのスキルもスペシャリストが存在するスキルなのでWebデザイナーをしながら専門性の高いスキルを習得するなんてできない!と思う方も少なくないでしょう。

私の経験上の話ですが、どのスキルも知識を持っている程度でも充分有効です。簡単にいうと広く浅いスキルを持っているだけでも充分転職にも有効ですし、もちろん年収アップにも有効になります。

マーケティングスキルを完璧に習得するのは相当時間がかかりますが、ヒートマップツールを見たり、Google Analyticsで分析し、仮説を立てられるだけでも充分です。何もすべて完璧に覚える必要はありません。

今回の6つのスキルは本当にどれも転職にも有効で、フリーランスや副業にも絶対役立つのでぜひ書籍なども読んでみることをおすすめします。最後に各スキルで私が読んでよかった!と思う書籍を紹介しておきます。

プログラミングにおすすめ
コミュニケーションスキルにおすすめ
ディレクションにおすすめ
UIデザインにおすすめ
マーケティングにおすすめ
created by Rinker
フォレスト出版
¥2,420 (2021/08/02 23:14:35時点 Amazon調べ-詳細)
【WEBデザイナーの転職に必要なもの】これがあれば転職準備OK!
【Webデザイナーの転職に必要なもの】これがあれば転職準備OK!元グラフィックデザイナーでWEBデザイナーに転職し、現在デザイナー歴12年目のずぼらなオッターです。今回は転職経験5回ある僕が転職する時に必要だったもの、これがあれば転職がスムーズというものをまとめました。転職活動を考えている方やジョブチェンジを考えている人に役立つ内容で詳しくまとめました。参考にしてもらえると嬉しいです。...
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文