デザイナーのための転職・副業・仕事情報

【年収2.5倍に上げた!】デザイナーの年収を2.5倍にした5つの方法を大公開

デザイナーの年収を2.5倍にした5つの方法を全て公開~デザイナーの年収アップまとめ〜

元グラフィックデザイナーのずぼらなオッターです!現役WEB・UIデザイナーの僕が12年かけて年収を2.5倍まで増やした5つの方法をすべてご紹介します。

転職をしてデザインの仕事を続ければ続けるほどデザイナーの年収アップは見込めます。なぜなら、僕の初任給は年収240万円(ボーナスなし)でしたが、現在は年収600万円にまで増やすことができています。

今グラフィックデザイナー、ウェブデザイナーをしている人で年収が低くて困っているという人には参考にしていただければ嬉しいです。

ずぼらなオッター

当時は毎月手取りが十数万だったから本当に毎日しんどかったよ

にゃん助

しかもデザイナーの場合、残業手当込みでその収入の場合も多いよね

この記事が役立つ人
  • グラフィックデザイナーの人
  • グラフィックデザイナーで年収を増やしたいと思っている人
  • 転職を検討している人
デザインの仕事はメリットだらけで将来性も高い?
デザイナーになってよかった3つのこと〜デザインの仕事はメリットだらけで将来性も高い?〜グラフィックデザイナー、ウェブデザイナー、UIデザイナーの現役デザイナーが感じるデザイナーの仕事のメリットについて3つのポイントでまとめました。これからデザイナーを目指す人から、現役デザイナーの人にも役立つ情報です。デザイナーの将来性、副業、フリーランスになりたい人にも必見の内容です。...

年収アップするために大事なポイント

デザイナーの転職はご存知の通りポートフォリオとオリジナルの職務経歴書の準備などが必要になります。

私が具体的に準備したのはポートフォリオ(20ページ程度)とオリジナルデザインの職務経歴書です。

職務経歴書を既存のテンプレートで書く方も居ますが、私はデザイナーなら職務経歴書もA4くらいの1枚でデザインしてまずは自分をアピールできる1枚にまとめておきましょう。

日頃からポートフォリオを作っておけばいつでも動けるので、毎週1つ実績を更新したり、ブラッシュアップしておくことでいつでも行動しやすいです。

最近ではウェブデザイナーなら印刷せずとも、ウェブ上にアップする方法が良いと思います。

転職のために準備しておくもの
  • リアルなポートフォリオ(20P程度)
  • WEBで見れるポートフォリオサイト
  • オリジナルでデザインした職務経歴書

役立つリンク:【無料】ポートフォリオが簡単きれいに作成できる便利なツール&Webサイト10選

created by Rinker
自由国民社
¥1,320 (2021/08/05 03:22:51時点 Amazon調べ-詳細)

デザイナーの転職に有利なスキルとは?

私は現在、デザイナーの採用をする側の場合あったら採用したいと思うスキルは良いデザインができるっていうのはもちろんですがより広く知識があるデザイナーです。

具体的に年収アップにつながるスキルはグラフィックデザインやウェブデザインのほか下記のようなスキルがあれば好条件の転職に有利です。

  • マネジメント
  • 工程管理
  • 情報設計
  • UIデザイン
  • UXデザイン
  • マーケティング
  • チームビルディング
  • コーディング(HTML/CSS読める程度でもOK)
  • フロントエンジニアリング

年収アップの方法① デザイナーはスライド転職する

ずっと同じ業種、同じデザインの仕事ではなく少しずらすスライド転職が年収アップしやすい方法の一つです。

同じ分野のデザイン・仕事だけでは会社としても雇う側としても、給与を増やしてまでほしい存在とはならないからです。

同じジャンルのデザインを続ければ専門性は高まりますが、デザイナーとしてできる仕事の範囲は増えないままスキルアップも頭打ちになります。

現在僕の周りでも、フリーや会社務め問わずウェブ・UIデザイナーの多くは元グラフィックデザイナーが多いです。

上記の数値は求人ボックス.comより引用

スライド転職とは?

グラフィックデザインを続けるなら今までの経験より少し違うジャンルの業種や職種にスライド転職することです。

例えば私のおすすめはグラフィックデザイナーならウェブもできる会社への転職です。

ウェブも学びながら給料も貰える上にスキルアップで更に年収アップが見込めます!

その他にもデザイナーならディレクションができる会社へ転職したり、マネジメントができる会社に転職したり別の領域の仕事ができる会社へ転職しましょう!

ずぼらなオッター

僕の場合はグラフィックデザイナーからウェブデザイナーになってその後コーディングも少しできる会社へ転職し、その後アプリやUIに関わる会社へ転職したよ!

年収アップの方法② スキルを増やしていく

デザイナーの年収アップのコツは1つのデザインスキルにこだわるよりも「グラフィック」「ウェブ」「UI」「ディレクション能力」などスキルを増やしていくことがポイントとなります。

なぜなら1つのデザインスキルだけができるデザイナーというのは需要が年々減っているからです。

僕も実際に面接をする側になることがありますが、グラフィックデザインしかできない、ウェブデザインしかできないデザイナーよりもマルチプレイヤーなデザイナーのほうが確実に内定を出したいと思うからです。

ウェブデザインもグラフィックもできて、マネジメント経験もあってアプリのUIデザインも少しできるって言う人って今後もいろんなスキルを増やしてもらえそうな将来性も感じませんか?

将来性を考えてグラフィックデザインからシフトチェンジする

WEB広告が主流になり、どんどんペーパーレス化している世の中でグラフィックデザインのスキルだけでは需要が減っているので将来は不安です。

紙の仕事がなくなることは今の所ないと断言できますが、需要は確実に減っているため求人数も年々下がり続けています。

しかし、悲観することばかりではありません。グラフィックデザインのスキルはその良さを活用することでウェブ、UI、パッケージデザインなど様々な場面で必ず役立ちます。

にゃん助

グラフィックデザイナーのほうが文字のあしらいが上手だったりする場合もあるのでそのスキルをそのままWEBデザインにも活かしていけるよ!

デザインの領域を増やしていく

デザインの幅、できる領域を増やすことでより価値のある人材になることができます。

例えばグラフィックデザインを極めたいならパッケージにチャレンジしたり、休みの時間を利用してウェブのバナー作成や簡単なウェブデザインスキルをつけるとよりあなたのデザイナーとしての市場価値がぐーんと高くなります。

グラフィックデザイナーの人にウェブデザインもできますか?と聞くと多くの人がいやいやできない。

と答えるんですが、グラフィックデザインができるデザイナーならウェブデザインを覚えるのは1ヶ月もあれば身につくはずです。

ウェブ・UIデザインは強力な武器になる

IT化が進む現代で求められているのはWEB・UIデザイナーです。

今から7年ほど前にウェブデザインもできるようになってからは2〜3倍求人が増えました。

さらにUIデザインもできるとなったらさらに市場は広がります。しかも現在UIデザインに関しては年々需要が急増しています。

ずぼらなオッター

周りの会社でも特にUI/UXデザインは需要の割に供給が足りてないように感じるから今めっちゃチャンスな業種だと思うよ!

グラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになった方法まとめ
グラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになった方法まとめグラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになるための独学方法をまとめました。ウェブデザインは独学で十分スキルを身につけることができます。無料でも学ぶことができるのでその勉強方法をまとめました。...

年収アップの方法③ 転職先は2つのポイントで選ぶ

それでは実際にどんな会社を転職先として選ぶべきなんでしょうか?僕の経験上、今まで自分がチャレンジしたことがない領域の仕事(スキルアップ)ができる会社と年収アップできる会社というのは最低限必須な条件です。

それぞれを詳しく解説します。

スキルアップができる

転職先で今までの経験を生かせる上に大事なポイントは経験したことない、やったことがない仕事ができるかどうかです。

なぜなら、今までと同じ領域の仕事だと、スキルアップが見込めずその会社での昇給もやがて頭打ちになるでしょう。

経験したことない領域の仕事ができて、さらに良い会社へ転職できるなんて一石二鳥」ということです。

いい具合にそのスキルを自分のものにできて、その会社ではもう学ぶことがないなって思ったらまた転職して、さらに年収アップを実現することが簡単になるからです。

年収アップできる

必ず年収が上がる会社への転職を最低限の条件としてください。

なぜなら、年収が下がってしまうとモチベーション低下や後悔にもつながる可能性がだいぶ高い。また、生活水準を下げることはかなりストレスにもつながるからです。

僕の目安としては最低年収20万アップが理想です。しかし、気をつけてほしいのはライフ・ワーク・バランスが悪い会社は論外なので転職しないで!という点です。

給料が上がっても残業毎日しているような非効率な会社は言うまでもなく選ばなくて良いです。楽しく自分もスキルアップできることで会社も伸びていくことができる、そんな会社が条件です。

転職先の面接を受けた際は、なるべく社内やオフィス見学を希望しましょう。オフィス内を見せたがらない会社は基本的にブラックの可能性大です。

年収アップの方法④ 交友関係を広げる

現代において人とのつながりはどんな資産よりも大事なものだと私は考えています。

なぜなら、SNSのフォロワー数は土地・資産・株式に匹敵するくらい価値があると最近では言われています。私の大好きなリベラルアーツ大学の両学長もSNSフォロワーが土地・金・株式に匹敵する「資産」であると言っているくらいです。

参考:【現代の新資産】SNSフォロワーが土地・金・株式に匹敵する「資産」である3つの理由

スカウトされることも少なくない

例えば交友関係が広がることにより、自分の仕事先を紹介してもらったり、知人の会社でスカウトされることも少なくありません。中でもビジネス系SNSは必ずやっておくことをおすすめします。

実際に僕もデザイナーをしていると話すと「友達がデザインで困ってるから紹介していい?」や、「弊社を一度紹介させてくれませんか?」という人とのつながりが生んだ出会いもあります。

SNSやリアル、どちらとも大事な交友は深めていくことが将来必ず役に立ちますよ♪

私のおすすめの2サイトは登録していても損はないと思います。

  • LinkedIn(リンクドイン)
  • Wantedly(ウォンテッドリー)

年収アップの方法⑤ 年収を増やすために副業する

さらに年収を増やすとなったら転職に次いでインパクトが大きく継続することでどんどん大きくなっていくのが副業です。

なぜなら私も実感していますが、数ある職業の中でもデザインの仕事をしている人は副業をしやすいジャンルの仕事がデザイナーです。

手に職があるので土日や仕事終わりの数時間で少し副業をしてみる事をおすすめします。

私の場合はライティングを学びたかったし、興味があったので今のようにブログ収益、ポイントサイトをメインで副業しています。

ブログを始める方法〜初心者でも失敗しない方法〜 こんにちは!ずぼらなオッターです!今回は長きにわたって記事を練りに練った初心者でも始められるブログの始め方についてまとめました。 ...

年収アップの方法のまとめ

グラフィックデザイナーに限らずあらゆるデザイナーは転職、スキルアップによってどんどん年収を増やせる夢のある職業です。

年々できることも増えてスキルアップしていけば雪だるまのようにスキルや技術が上がり、さらに年収もそれに合わせてどんどん増やすことができるのです。

新卒3年くらいは上がらない年収に悩んでいましたが、転職という行動を起こすことで今では2.5倍以上年収を増やすことができました。

僕に特別なデザインスキルがあったからではなくてとりあえず行動をしてみる!という動き方が良かったんだと実感しています。

この記事のまとめメモ
  • 年収アップするためにたった一つ大事なことは「行動力」
  • スライド転職でどんどん年収とできるスキルを増やす
  • 年収を増やすためにスキルを増やしていく
  • デザイナーの年収を増やすための転職先は年収アップできて、スキルアップできる会社にする
  • 年収を増やすために交友関係を拡げる
  • 年収を増やすためにデザイナーができる副業を活用する
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文