デザイナーのための転職・副業・仕事情報

【転職はSNSで!】Webデザイナーの転職はSNSで見つける方が良い

これからのデザイナーの転職はSNSを使う時代!〜転職サイトやエージェントで探さない方が良い理由まとめ〜

最近転職を考えてなんとなく転職サイトを登録してたらエージェントサイトの登録を勧められたから使い始めたよ

求人サイトやエージェントって自分の希望通りなものが少なくて数が多すぎなイメージがある…

今まで5回転職した12年目デザイナーのずぼらなオッターです!

私は過去3回転職サイトやエージェントを使って転職しました。今回はデザイナーの転職はどのサービスを使うべきか!経験を元に詳しくまとめました。

デザイナーは3年で転職しよう!転職は不利じゃない
【転職は絶対良い!】デザイナーは3年で転職するべき理由〜転職は不利にならない時代〜デザイナーになって12年目のわたしが考えるデザイナーのための転職についての経験などを詳しく経験を元に書いてみました。転職をすることでスキルアップと年収2倍を実現した経験を書いています。デザイナーの皆さんがもっと豊かに、自由の時間をもってクリエイティブな毎日をおくれることを私は願っています!...

結論から言うと転職サイト、エージェントはやめておくべき

経験から言うと転職サイトはまず件数が多いだけで自分の好きなものを見つけるのはめちゃくちゃ大変です。

そして何よりミスマッチなアプローチが多すぎる…。

エージェントサイトも営業さんが報酬のためにやたらと件数多く面接を受けてほしい!とアタックしてくるので正直おすすめできません。

ここがデメリット!転職サイト・転職エージェント
  • 転職サイトに登録すると転職エージェントからのメッセージが多すぎて埋もれてしまう
  • 転職エージェントを使うと転職サイトに比べ質の良い求人があるが、担当者によってかなり振り幅があるクオリティ
  • 基本的に数打ち当たる。というスタンスなので本数を打つうちに疲れる
  • 転職は現職を続けながらやるのに面接を次々設定されて正直時間がもったいない

転職サイトは正直、かなりいけてないと思いますが、エージェントはまだ求人は質が良いと思います。しかし、かなり担当者の質によります!もしも合わない。と思ったら遠慮せず担当を替えてもらいましょう!

私の経験上、マイナビクリエイター、リクナビネクストは何のメリットもないので登録する必要ないかと思います。

登録しておいた方が良い3つのサービス

私が今おすすめするのはSNSでの転職です!ただ転職サイトも1つおすすめがあるので私のおすすめはこちらです。

WantedlyやLinkedInは海外では主流となりつつあるビジネス系SNSで昨今ではこのSNSを通じて募集している会社から直接やりとりすることが多いです。

以前は転職サイトやエージェントを通じていたものから今は直接企業、会社とやりとりできるようになったのが最大のメリットです。

SNSを通じて直接やりとりすることで、自分のことを知った上でやり取りができるのでスムーズなことが多いです。

そして最後におすすめしたいのはビズリーチです。こちらは転職サイトだけど、企業担当者とも直接やりとりできるところもポイントです!

ヘッドハンティングがメインになっているので直接企業からアプローチがあるのでとても良質な求人が多いです。本気で人を探している会社が多いイメージです。私は1度ビズリーチを通じて転職しました!

めっちゃくちゃ良い会社でした!!最初はカジュアル面談を通じて一度もスーツを着ること無く面談から社長面談になり入社しました。

これからのデザイナー転職のまとめ

時代とともに、求人の形、転職の形は変わっていくものだと思っています。求人サイトや転職エージェントも悪くはないんですが、自分には全然合ってないなって最近は特に強く感じますね。

今回のまとめ
  • 転職サイトや転職エージェントはおすすめしない
  • ビジネスSNSに登録しよう!
  • ウォンテッドリーとリンクドインは登録して損なし
  • 転職サイトで登録するならビズリーチ
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文