デザイナーになる方法

【実体験を大公開】グラフィックデザイナーからWebデザイナーに転職したら年収アップできた

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーに転職した話

前回はデザイナーの転職についてまとめました。

今回は、グラフィックデザイナーだった私がWebデザイナーに転職するためにしたことなどを詳しくご紹介します。

グラフィックデザイナーからWebデザイナーになるために勉強したの?とか学校で勉強したの?など詳しく解説します。

グラフィックデザイナーになったけどWEBも気になる。そんな方にもわかりやすく書いています!

これからのデザイナーの転職はSNSを使う時代!〜転職サイトやエージェントで探さない方が良い理由まとめ〜
【転職はSNSで!】Webデザイナーの転職はSNSで見つける方が良い5回転職してきた元グラフィックデザイナー、現在WEB、UIデザイナーの実体験を元にどの転職サービスが良いかズバリ書いています!転職サイトや転職エージェントはもう古い!?そんなことにも触れてズバリこれは登録すべし!っていうおすすめサービスも3つに絞って紹介しています!...

グラフィックデザイナーは将来性が感じられない

グラフィックデザイナーになった当初はあまり気付かなかったんですが、圧倒的に市場が縮小傾向にあります。

紙の印刷物はどんどん縮小傾向にあるため案件も少ない上に、超一流のデザイナーでない限りちんまりした仕事をコツコツやるような毎日でした。

私は大きな案件よりも小さい案件が多くパンフレットやポスター、POPなどをちまちまやって毎日残業の日々でした。

転職サイトを見るたびに、めっちゃWEBデザイナーって条件良いなあと指をくわえてみてました。しかもなんかMACを小脇に抱えてなんか、おしゃれやん…。

アイコン名を入力

WEBデザイナーっていうといまどき!っていう感じで銀のMacbook Proを小脇に抱えてるイメージがありました。スタイリッシュ…。

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーになりたいと思う

いつしか私はWebデザイナーになればなんかもっと面白い仕事ができるんじゃないか?

もっと給料もよくてキラキラした生活が手に入るんじゃないか?という想いを抱くようになりました。どんどん世の中がWEBに移行して、IT化されていっている。

最近では駅にはポスターではなくデジタルサイネージが多いですもんね。そのうち、中吊り広告や社内ポスターもなくなるのかなあ。そう思いました。

チラシ、ポスターのような廃棄されるようなものは今後縮小するかなって思いますね!パッケージや高級なものには紙は今後も使われると思います。

Webデザイナーになるには学校に通わないと行けない?

WEBデザイナーになりたい!そう思っても私が使えるのはIllustratorとPhotoshopくらい…。

HTMLもCSSも全くわかんない…。学校に通うにももう今から再入学なんてお金も時間も使えない。

そんなときに気づいたのはWebってデザイナーじゃない人もたくさんWebページを作ってたり、ブログを作ってますよね?そこで気づいたんです!

Webデザインの勉強って、Web見てればなんとかなるかも!

まずはWebのデザインをPhotoshop、Illustratorで作って見た。良いかもって思ったデザインのサイトを真似て作ってみたらなんとなくわかってきました。

印刷のグラフィックデザインと違って、パターンがあってそれに則ってデザインすればわりとうまくいく!テキストサイズもそのままサイトのまんまで最初のうちは作っていました。

グラフィックデザイナーからWebデザイナーは正直かなり簡単に転身できると思います。WEBデザインってパターンがあるんでそれの通りやるっていう感じです。

待ちに待ったWebデザイナーへの転職

初めのWEBデザイナーへの転職は、紙もWEB案件もあるよ。っていうような会社でした。紙とWEBが半々くらいで、そこでコーディングをしているWEBデザイナーの人がいたのでHTMLやCSSを見ながら私も簡単な修正はできるようになりました。

基本的に1からコーディングすることは覚えなくても良いかなって思います。なぜなら、WEBデザイナーになりたいのであってコーダーではないので読めるようになれば良いかなって思います。仕組みがわかっているのは必須だと思います。

こういうデザインだとコーディングが楽になりそう。とか画面を意識しながらデザインができるようになるからです。

Webデザイナーの求人数はグラフィックデザイナーの5倍以上

グラフィックデザイナーの頃は上京するのも厳しいくらいグラフィックデザイナーの転職先は限られていました。その会社名をググるとブラック…。そんなことばかりでした。

ところがWEBデザイナーになると転職サイトでも莫大な量で、なんだったらスカウトだけでもすごい量でした。私はその勢いのままぬるっと東京へ上京も果たしたのです。

アイコン名を入力

WEBデザイナーの希望と変更した途端、世界が変わったように感じたのを今でも覚えています。

まとめ

グラフィックデザイナーをしていて、Webも興味があるっていう方にはまずは好きなWebサイトを見ながら真似して作ってみるのがおすすめです。

Webってグラフィックデザインと違っていくらでも作っていくらでも作り変えることができます。グラフィックデザインと違って自分のデザインを触って使ってもらうこともできます。

今回のまとめ
  • グラフィックデザイナーからWebデザイナーにはなりやすい
  • グラフィックデザインからWebデザイン両方できると自分の市場価値もアップ
  • まずはWebもグラフィックもできる会社へ転職!
  • Webデザイナーはグラフィックデザイナーの10倍以上の求人数
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文