デザイナーのための転職・副業・仕事情報

WEBデザイナーとグラフィックデザイナーの違いとは?〜それぞれの将来性について〜

WEBデザイナーとグラフィックデザイナーの違いとは?〜それぞれの将来性について〜

元グラフィックデザイナー、現役WEBデザイナーのずぼらなオッターです。

実際にグラフィックデザイナー、WEBデザイナーを経験している僕が実感したそれぞれの将来性についてまとめました。参考になれば嬉しいです。

この記事が役立つ人
  • WEBデザイナーとグラフィックデザイナーの将来性が気になる人
  • デザイナーの将来性
  • それぞれのスキル、特徴の違い
グラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになった方法まとめ
グラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになった方法まとめグラフィックデザイナーから独学でウェブデザイナーになるための独学方法をまとめました。ウェブデザインは独学で十分スキルを身につけることができます。無料でも学ぶことができるのでその勉強方法をまとめました。...

グラフィックデザイナーのスキル

グラフィックデザイナーはタイポグラフィやロゴデザイン、グラフィックに関するスキルが身につきます。

そのため文字のバランスやよりアートに近い美的センスが必要になりますし、グラフィックデザイナーを経験するとスキルが身につきます。

グラフィックデザイナーの範囲は広く小さいものはロゴデザインから、大きなモノなら巨大なポスターやリアルなもの、あらゆる印刷物などがグラフィックデザイナーの仕事の範囲になります。

ズボラなオッター

グラフィックデザインのほうが実はできるデザインの幅が広いと感じるね

にゃん助

WEBに比べてリアルなもののデザインは結構面白かったりするね!

グラフィックデザイナーができること

ポスターデザイン
フライヤーデザイン
ロゴデザイン
パンフレットデザイン
グッズデザイン
名刺デザイン
あらゆる印刷物のデザイン

WEBデザイナーのスキル

WEBデザイナーは主にWEBページ、バナー、LPなどWEBに関するデザインスキルが身につきます。

グラフィックデザイナーに比べHTMLやCSSといったプログラミング言語も多少知識があったほうが良いのでグラフィックデザイナーよりも最新のWEB知識が必要になります。

グラフィックデザインとの大きな違いは、最悪修正がリアルタイムでも可能というところです。

印刷物は一度印刷するとやり直すことは難しいですが、WEBの場合上書きすればなんとかなることも少なくありません。

WEBデザイナーができること

WEBページデザイン
LPデザイン
バナーデザイン
プログラミング(HTML/CSS)

将来性の違い

グラフィックデザイナーとWEBデザイナーの大きな将来性の違いはこれから伸びる業界かどうかというところがポイントです。

例えばこれからの社会では数多くのものがデジタル化、WEB、IT化、アプリ化されていくことが予想されています。そのためWEBデザイナーが活躍できる場面が多くなることは明確です。

しかし、グラフィックデザイナーが必ずしも将来性がないかというとそれはありません。ただ、かなり優秀で実績があるグラフィックデザイナーじゃないと生き残っていくのは相当難しいと僕も実感しています。

ジョブチェンジできるかどうか

それでは現在グラフィックデザイナーの人、グラフィックデザイナーを目指している人は将来性がないのか?というとそうではありません。

その理由の1つはグラフィックデザイナーはWEBデザイナーにすぐジョブチェンジできるからです。

グラフィックデザイナーは幅広くデザインをする機会があるためどちらかというとグラフィック→WEBはすんなり転身できます。

それとは逆にWEB→グラフィックは一般的に難しいような印象があります。

WEBデザイナーに比べグラフィックデザイナーの方が案件の幅が広い傾向にあるためでしょう。

年収を高くしたいならWEBデザイナー

結論から言うとWEBデザイナーの方が断然将来性が高く、年収が高くなってきています。

なぜならWEBデザイナーの需要は年々高まっており、アプリやUIデザイナーも常に需要が高い状態であるためです。

そのため年収のことや将来性を考えるとWEBデザイナーのほうが有望です。

元々僕もグラフィックデザイナーでしたが、待遇の良さ、収入の高さからWEBデザイナーに転身しました。

まとめ

グラフィックデザイナーからWEBデザイナーに転身、ジョブチェンジした僕がそれぞれの将来性や特徴、スキルについてまとめてみました。

僕は楽しいのはグラフィックデザインだけど、お金のことを考えるとWEBデザインという感じです。

現在もグラフィック系の仕事は20%くらいやっているのでちょうどいい塩梅で仕事をしています。

この記事のまとめ
  • グラフィックデザイナーの方がデザイン範囲は広い
  • WEBデザイナーはプログラミングもできると良い
  • グラフィックデザイナーからWEBデザイナーへのジョブチェンジは簡単
  • WEBデザイナーのほうが将来性は高い
  • 需要が高くなっているのはWEB、IT業界
  • WEBデザイナーのほうが年収が高くなってきている

ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文