Webデザイナーのための転職・副業・仕事情報

【年収が低い?】グラフィックデザイナーは儲からない?食ってけない?実際に20代の頃の年収を公開!

【年収が低い?】グラフィックデザイナーは儲からない?食ってけない?実際に20代の頃の年収を公開!

こんにちは!現役のWebデザイナーのずぼらなオッター(@Otter_zubora)です。

デザイナーになりたい!という人からよく聞かれるのがグラフィックデザイナーって食べていけないんじゃない?食えないって聞くけどどうなの?という声です。

僕は実際に今でもWebデザインと一緒にグラフィックデザイナーとしての仕事もしています。

そこで今回はグラフィックデザイナーだけやってた頃の年収などの収入を公開します!

最後までお読みいただけると嬉しいです。

にゃん助

結構グラフィックデザイナーになりたい!と思っても収入が気になっている人が多いの?

ずぼらなオッター

そうだね。やっぱり将来のことを考えれば、やりがいのほかに収入が気になるのは当然だと思うね!

この記事が役立つ人
  • グラフィックデザイナーを目指そうと思っている人
  • 年収が気になる人
  • 儲からないのかどうか知りたい人
【年収100万円アップできた】Webデザイナーにおすすめの転職サービス7選
【年収100万円アップできた】Webデザイナーにおすすめの転職サービス7選 こんにちは!転職4回経験している現役のWebデザイナーのオッターです。今回は転職をしている私が使っている転職サービス、転職サイトについ...

グラフィックデザイナーはなぜ食えない職業と言われるのか

そもそもなぜグラフィックデザイナーは食べてけない職業と言われるのでしょうか?

僕も両親や友達に「グラフィックデザイナーを目指したい」と話した時は「そんな仕事、食べていけるの?大丈夫?」と本当に言われました。

世間的にもなんとなく残業が多くて、薄給、休みは少ないのに貧乏…という印象があるようです。

Yahoo!知恵袋にも数多くの質問があって「グラフィックデザイナーさんってあまり儲からないのでしょうか?」とか「グラフィックデザイナーの将来性はどうですか?」とか不安の質問がすごくたくさんあります。

そのほかにもグラフィックデザイナーを実際にやっている人から「グラフィックデザイナーは儲からない」という声を聞いたっていう友人もいましたね。

これらのことからグラフィックデザイナーは収入が低くて、食べていけなさそう…という印象が強いのかもしれません。

グラフィックデザイナーは食っていけない職業なのか?

それでは実際にグラフィックデザイナーは食っていけない職業なのか?について実体験をもとにお話しようと思います。

結論から言うと食ってけないことはないけど、余裕はない!という感じです。

というのもこのあと詳しく収入についてはお話しますが、最低限生活できるレベルの給料しか僕の場合はもらえてなかったです。

しかも副業なんてする余裕もないくらい長時間労働だったので、貧乏暇なしっていうこういうことを言うんだなって身を持って知りました。

ただし、働いている以上毎日食ってけないほどの貧乏ではないけど毎日節約しないと趣味などにお金を使うことはできないっていう感じでした。

スーパーでお惣菜を選ぶ時もやっぱり値段が気になるし、服を買う時なんか絶対にセール品でした。

家で料理する時に、「本当は牛肉食べたいけど、鶏肉にするか…」みたいな諦めを何度も経験してましたね。

僕は個人的にこういう諦めが結構苦しかったです。

25歳グラフィックデザイナー当時の年収は?

25歳当時、グラフィックデザイナーとしては5,6年目。

その頃の給料は手取りで19万円くらいで、額面でいうと24万円くらいでした。

グラフィックデザイナーになってから毎年昇給はあったんですが、本当にわずかで…元々額面は21万円スタートだったので毎年数千円くらいしか上がってなかったですね。

ずぼらなオッター

いやいや、このままだと40歳になったときどうするの!?とすごい焦ってました。

19万円あれば結構余裕に暮らせるっていう人も中には居ると思いますが、20代なんて遊びたい盛りだし、旅行もしたいしみんなでご飯も行きたい!

そんな時にお金がなくてできない…というのは本当に辛かったです。

何が辛いってどんどん学生時代の友達と年収の差が開いてしまうことでした。

しかも、年収がこんなに低いままなら結婚なんて絶対ムリだし、子どもを育てる財力もない…なかなか精神的に辛かったですね。

しかもグラフィックデザイナーってなぜか賞与(ボーナス)がない会社が本当に多いです。

僕もその一人だったのでボーナスはグラフィックデザイナーだからないんだ…という都合のいいルールを植え付けられてしまっていました。

当時の内訳

手取り19万円
家賃6万円
食費2万円
外食2万円
光熱費1万円
趣味2万円
貯金1万円
衣服2万円
その他交通費とか交際費とか医療費とか3万円

ずぼらなオッター

まあまあカツカツの生活でした。実際、東京では食費を2万円っていうのはかなり厳しい。

ちなみにグラフィックデザイナーの平均年収は?

ちなみにグラフィックデザイナーの平均年収を見てみました。

DODAなどの求人サイトによると、グラフィックデザイナーの年収は330万円前後。

グラフィックデザイナーの年収例が載っている求人を見てみると、ボリュームゾーンは300万円~500万円でした。

月給21万円〜という求人も多く見られたため、やはり平均年収は低い傾向にあると思います。

\転職支援実績No.1の無料サービス/

グラフィックデザイナーを他人におすすめできるか?

そんなキツかった20代のグラフィックデザイナーを僕は他人におすすめできるか?と聞かれると、正直NOです。

グラフィックデザイナーは本当におすすめしません!

数ある職業の中からグラフィックデザイナーを選ぶ!ともし、自分の子どもが言ってきたらめちゃくちゃ説得するかもしれません。

なぜなら、給料が低いし勤務時間が長いからです。

お金がないとやりたいこと、できることの選択肢は減る。

しかも、時間がないから副業とかの選択肢もなくてどんどん将来の可能性が狭くなってしまうからです。

グラフィックデザイナーは副業や趣味としてはおすすめ!

これまでグラフィックデザイナーはおすすめしないっていう話でしたが、副業や趣味の範囲では本当におすすめです!

副業では仕事の場所を選ばずにココナラなどのクラウドワーク系のサービスで副業できますし、趣味としてもグラフィックデザインは楽しくておすすめです。

グラフィックデザインができると世の中の色々なものが作れるようになるので、グッズを作ったり、友達のお店のフライヤーを作ったり、ポスターやTシャツを作ったり…

可能性は無限大です。

\ココナラでは簡単に副業できるから今一番すすめ!/

最後に

グラフィックデザイナーは食っていけないこともないけど、年々辛い・・・ってのが正直なところです。

僕もグラフィックデザイナーからWebデザイナーになり、今では両刀使いのデザイナーになりました。

グラフィックデザイナー一本でやっていくにはなかなか茨の道っていうのは僕の感想です。

ずぼらなオッター

それでは!ずぼらなオッターでした!よかったらTwitterのフォロー(@Otter_zubora)お願いします!

ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA