その他の商品レビューなど

【脱三日坊主!】ずぼらな僕がジム通いを習慣化できた方法

ジム通いを習慣化する方法まとめ

今度こそは痩せよう!いい体になろう!と思ってスポーツジムに入会したのに続かない。最初の1週間でなぜかその後続かなくなってしまう。

スポーツジムに通うことがどうしても習慣化できない、運動を習慣化できないという方に向けて、ずぼらな僕がスポーツジムに通うことを習慣化できた方法を詳しくまとめました!

これからスポーツジムに入会しようと思っている人や、今ジムに全然行けてない人におすすめの記事になっています。

にゃん助

最初は張り切ってジムに行くんだけど、そのうちだるくてついついサボっちゃうんだよね〜

ずぼらなオッター

確かに!僕も以前は3日坊主で何度もジムを退会して入会してって繰り返していたよ!

今回の記事が役立つ人
  1. 今度こそはジムに通ってボディメイクしたい人
  2. ジムに通って健康的な身体を手に入れたい人
  3. ジムに入会したのに続かない人
  4. これからジムに通おうと思っている人
毎日筋トレをするようになった理由まとめ元々筋トレ嫌い、ダラダラ好きだった私が今では毎日スポーツジムに通い、筋トレするようになりました。毎日ジム通い、筋トレしてるなんて凄い!と言われるんですが、全然凄いことはしてません。...

ジムを習慣化する方法① とにかくジムに行くだけで何もしなくて良い

ジムを習慣化するための効果的な方法は「とにかくジムに行くだけ」です。ジムに行ったからってハードなトレーニングや運動をしていませんか?僕がおすすめする方法はまず入館だけすることをゴールとする方法です。

ジムに入館したあとはシャワーを浴びるだけでもいいし、ストレッチをするだけでも良いです。トレーニング系の雑誌を読んで過ごすだけでもOKです。

とにかくジムに行くことだけでゴールにすると、ハードルがだいぶ下がって自然と重い腰もどんどん軽くなっていくんです。

スポーツジムに行くっていうとトレーニングしないといけない、運動しないといけない、汗をかかないといけないって思い込んでいませんか?習慣化するにはまずジムに行くだけをゴールとします。

不思議とそのうちジムで運動したくなってくるのでまずはジムに行くことだけ目標にはじめてみてください。

にゃん助

え!ジムに行くのに何もしなくていいの?

ずぼらなオッター

もちろん!わざわざジムに行って疲れることをしなくてもいいんだよ。まずはジムに行くことに慣れることをゴールにすれば習慣化しやすくなるよ!

ジムを習慣化する方法② 24時間営業ジムに入会する

大型ジムよりも小型の24時間営業のスポーツジムが習慣化には適しています。なぜなら大型のジムの場合、休館日があったり、休館している時間があります。また、ジムに行こうと思っても混んでいて足が遠のいてしまう可能性が高いです。

スポーツジム初心者の方の場合、「大型のスポーツジムのほうがスタジオがあるし、スタッフも多く親切で楽しめそう。」そう思う方が少なくありません。しかし、私は大型ジムはおすすめしません。

大型のスポーツジムを習慣化する点でおすすめしない理由としては下記のような3つの理由があります。

  1. 大型ジムは利用者が多く、集中する時間帯がかぶりやすいので混む
  2. スタジオレッスンはほとんどの場合続かない
  3. 休館日や開いてない時間があるのでそれを理由に三日坊主につながる

大型のスポーツジムは混んでいる

大型のスポーツジムは季節ごとに大きな入会キャンペーンを行っており、かなり多くの利用者が居ます。そのため自分がジムに行く時間と混んでいる時間が被ることも多く思い通りにトレーニングや運動ができずストレスになってしまいます。

そういったストレスはジム通いを三日坊主へとつなげることになるのでおすすめできません。

スポーツジムのスタジオレッスンは続かない

スポーツジムのスタジオレッスンって最初は気合が入っているのでどんどん色々なスタジオレッスンを受けてみたくてワクワクするでしょう。

しかし、1ヶ月もすれば真新しさはなくなり、毎回混み合うスタジオレッスンに嫌気がさしてきて「どうせ、またスタジオレッスンはいっぱいだし、ジムに行くのはやめとこ」とジムに行かない理由作りへとつながってしまうためこれもおすすめできません。

休館日や営業していない時間がある

休館日や営業してない時間があると人は基本的に怠けたいと思ってしまうため「なーんだ、ジムに行こうと思ったのに休館か」と理由をつけて行かなくなってしまいます。

また、せっかく今日はジムに行こうと思ったタイミングで休館日や営業時間外とあたってしまうとさらにジムへの足は遠のき、また無駄な会費を払い続けることになってしまいます。

三日坊主には24時間営業のスポーツジムがおすすめ

何かと理由をつけて行けない理由を探してしまうのが人間です。かつての僕も「ジムにいこうと思うけど、もうすぐ閉館時間だし」とか「どうせこの時間は混んでいるし」と行かない理由を探して三日坊主になっていました。

そのため、それらを柔軟に解決できる24時間営業のスポーツジムがおすすめです。有名なところではエニタイムフィットネス、ジョイフィット、ファストジムなどがあります。

これらの24時間営業のスポーツジムは、いつでもジムに行けるため人が居ない時間も狙えるし、休みがないためいつでも行けるので人の混雑も比較的避けられます。

これらのことか僕が考えるスポーツジムの習慣化は24時間営業のジムが重要と考えています。

ジムを習慣化する方法③ 物足りないくらいがやめどき

スポーツジムにとにかく行くだけをゴールと設定しましょう!という話をしましたが、そのうち興味が湧いてきてトレーニングや有酸素運動など身体を動かしていくことになります。

そこで気をつけてほしいのが「しんどくなるまでやらない」という点です。

人間の脳は辛い記憶があるものをどうしても避けるようになっています。そのためなるべく「あともうちょっとできるかも」と思うくらいでやめておくことがおすすめ。

汗だくになるまでやるのは最初のうち、ジム通いが習慣化されてない状態では避けましょう。

あともうちょっとやりたいんだけどなあと思う状態で帰宅することで「もっとやりたかった」という記憶が残り、またジムに行こう!という気持ちにさせてくれるんです。

ジムを習慣化する方法④ 理想の身体を毎日目で見る

ダイエットに限らず筋トレや、ボディメイクに最も重要なのは目標を持つことです。初めのうちは明確な数値設定、目標設定はわずらわしくなるので持たなくてOKです。

しかし、どういう人にあこがれてどういう人が目標なのかというのは持っておいた方が良いです。

例えば俳優の○○さんのような身体になって、モテるルックスになりたい。モデルの○○さんのような体型になってもっとおしゃれな服を着こなしたい。羨ましいと思われる存在になりたい。

そういうあこがれの人物を見つけておいて、SNSをフォローしたりして日々目で見ることができる状態にしておきましょう!僕のおすすめはスマホの待ち受け画面に設定してしまうことです。

そうすることで「この人みたいになったら、僕もうらやましがられる存在になれる!」と見るたびに意識できるからモチベーション維持に繋がります。

ジムを習慣化する方法⑤ 仕事終わりはジムに行かない

スポーツジム通いが習慣化できない人、三日坊主になる人の多くの共通点が仕事終わりにジムに通っているというところです。

人間はとにかく本能的に楽をしたい、辛いことはしたくないという考えがあります。

そのため仕事で疲れたあとにジムに行くなんて脳にしてみれば「もう疲れて休みたい!」と思っているのに、なんでそんなしんどいことをするんだ!もうジムなんて行きたくない!というマイナスな印象を残してしまいます。

なので基本的には仕事がない日の午前中、もしくは仕事前の朝がおすすめです。

僕は仕事前にジムに行ってますが、ジムに行ったからと行って日中しんどい思いはしないです。むしろ集中力もアップしてパフォーマンスが上がります。

しかし、最初は朝のジム通いはなかなかハードルが高いので休日に行くことから始めると良いかと思います。

ジムを習慣化する方法⑥ 10秒でジムに行けるように準備しておく

ジムを習慣化できてない人はもしかして、「よし!ジムに行こう!」と思ってから靴、トレーニングウェア、タオル、飲み物を準備していませんか?

それは絶対NGです。常にジムの用意をしたバッグは用意しておきましょう。それを持って出ればジムでトレーニングできるように準備しておきましょう。

ジムに行こうと思ってから支度を始めるとどうしても途中で「あ〜めんどくさい」という思考が大きくなってしまい結局ダラダラしてしまう。ということになってしまいがちです。

ジム用のバッグを準備してそれを持って出ればOKという準備を常にしておきましょう。

まとめ

今回は以前の僕のようにスポーツジム通いも三日坊主になってしまう、どうしても続かない。という方に向けておすすめの習慣化の方法とその理由を詳しくまとめました。

これから色々な人がボディメイクや、ダイエットで憧れの体型を手に入れられることを心から祈っています!

スポーツジムを習慣化する方法
  • ジムに行っても何もしなくてもいい
  • 24時間営業のスポーツジムがおすすめ
  • もう少しできそう、物足りないくらいで止める
  • 理想の身体を持つ人を見つける
  • 仕事終わりにジムは行かない
  • ジムバッグを準備しておく


ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文