おすすめ

安いイヤホンと高額イヤホンと比較してみた!〜イヤホンは安くても十分だった?〜

安いイヤホンと高額イヤホンと比較してみた!〜イヤホンは安くても十分だった?〜

最近はコードレスのBluetoothイヤホンが主流になってきましたよね?

私もBluetoothイヤホンがほしい!って思ったんですが、めっちゃくちゃ商品が多い。安いのから高額商品まで…。

僕は特にオーディオメーカーにこだわりがないので選ぶだけでも大変。

今回はSONYのWI-1000XM2という3万円ちょっとの商品と、Aiseaの4,000円前後のワイヤレスイヤホンを資格してみました。

今回の記事が役立つ人
  • イヤホンを買い換えようと思っている人
  • Bluetoothイヤホンを買おうと思っている人
  • 高級なイヤホンじゃなく安価なイヤホンも気になっている人
https://www.revrev.work/%e6%90%ba%e5%b8%af%e3%81%af%e6%a0%bc%e5%ae%89sim%e3%81%a7%e5%8d%81%e5%88%86%e8%89%af%e3%81%8b%e3%81%a3%e3%81%9f%e4%bd%93%e9%a8%93%e8%ab%87/

4,000円くらいのイヤホンで十分

結論から言うと4,000円くらいで売ってるAmazonのイヤホンで十分でした。

理由としては、4,000円のイヤホンのバッテリーが長い点、ノイズキャンセルができてる点、操作性のシンプルさです。

もちろんSONYのWI-1000XM2も機能も音質もなにも問題なく高品質だと感じました。しかし、3万円ちょっとするわりには音質は4,000円で買えたAiseaのイヤホンとあんまり大差がないように感じたためです。

その結果4,000円くらいのイヤホンの優秀さにも気づくことができました。

SONYのWI-1000XM2の口コミ

SONYのWI-1000XM2は3万円するし、見た目のデザイン、音質、アプリを使った好みの音質への変換などとても優秀だと感じました。

良かったポイント
  • 専用アプリでシーンに合わせたノイズキャンセリング機能
  • 音声通話のときにマイクがクリアに相手に聞こえる
  • 専用アプリで好みの音質にカスタマイズできる
  • ネック型になっているのでイヤホンを落とすことがない
イマイチなポイント
  • 壊れやすいというレビューが多く不安
  • 防水ではない
  • 専用アプリは最初だけで後に使わなくなる(いちいち起動しない)
  • 思ったよりノイズキャンセリングが弱い
  • 同金額帯ならノイズキャンセルは断然ヘッドホン型が優秀

Aiseaのイヤホンの口コミ

個人的にかなり優秀だと思ったAisea ワイヤレスイヤホンで評価していきたいと思います。ノイズキャンセリングはありませんが、シリコン部分が優秀なのかSONY同様に外部の音が遮音されます。

良かった点
  • 安い価格に対して音質がかなり良い
  • 軽いつけ心地が良い
  • 使い方、機能、デザインがシンプル
  • 防水である
よくなかった点
  • 海外製品なので商品説明がわかりにくいから最初は戸惑いやすい
  • 壊れたら基本的に買い替え

80点くらいのイヤホンで良いならAiseaのイヤホン

80点くらいの音質でいいし、特別そんなに音質にこだわりがない!という人にはAiseaのイヤホンがおすすめです。

音楽のビットレートなどにこだわっていない人ならAiseaなどの4,000円前後の海外製のイヤホン一択でいいと思います。

今回は優秀なイヤホンを使ってみてよかったものを3つご紹介します。

TaoTronics Duo Free TT-BH062 完全独立Bluetoothワイヤレスイヤホントゥルーイヤホン
TaoTronics

まとめ

  • ブランドにこだわりがある人はSONYなどのブランド品がおすすめ
  • ブランドにこだわりがないならノーブランド一択!
  • 高機能多機能なのが高級系イヤホン、シンプルな機能が格安イヤホン
  • 格安イヤホンならAisea ワイヤレスイヤホンがおすすめ

どうでしたか?なるべくシンプルに読める記事にまとめました。

僕の場合は結局格安のイヤホンのほうを日々使ってしあっていて、SONYのイヤホンを買ったことを正直後悔しています。

そこそこの価格だからもっと音質きれいだと期待していました。

ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文