その他の商品レビューなど

【誰でもできる】ブログを続ける方法〜モチベーションを保ち続けるコツ〜

誰でもできるブログを続けるコツ〜モチベーションを保ち続ける方法〜

ブログを2020年に本格的に始めて3月からなんとか収益化を実現できたずぼらなオッターです。

ブログを始めた1ヶ月くらいは毎日やる気が持続できます。

しかし、だんだんと収益化ができないと挫折してしまったりモチベーションが下がる人も少なくありません。そこで今回は初心者でもブログを続けるためのコツをまとめました。

この記事でブログを続けられる人が増えたら嬉しいです。

この記事が役立つ人
  • ブログ運営が続かない人
  • ブログを書くモチベーションが下がっている人
  • ブログを続けたいと思っている人
ブログを始める方法〜初心者でも失敗しない方法〜 こんにちは!ずぼらなオッターです!今回は長きにわたって記事を練りに練った初心者でも始められるブログの始め方についてまとめました。 ...

ブログが続かない原因とは?

ブログが続かない原因は「高すぎる目標を立てている」「成果がでなくてツラい」「楽しくない」の3つのどれかが多くの理由です。

僕の場合は数年前に始めたブログが続かなかったのは「誰からも反応はないし、収益化できなくてツラい」という理由でした。

人間は楽しくない記憶、ツラい記憶があるものは脳がやりたくない。と判断するのは当たり前です。なのでいかに楽しく、習慣化していくかが大事です。

ズボラなオッター

毎日更新!という目標はあんまりおすすめできないかな

にゃん助

最初は書くことがあってもそのうちネタ切れで苦しむもんね

  • 高すぎる目標は続かない原因になる
  • ツラい記憶があるとブログを書くことが嫌になってしまう
  • 一人で続けるのは孤独で難しい

ブログを続けるコツは楽しく習慣化するコト

楽しいことは人間やめられないものです。例えばYouTubeやTikTok、Netflixや漫画など自分の好きなことはやめたくてもやめられなかったりしますよね。

そのためブログも楽しいこと、と脳に記憶させることが大事です。小さな達成感を感じながら楽しいものを毎日続けているという感覚を持つことがコツです。

例えば、毎日ブログの記事タイトルを見直すとか、記事を1ヶ月に5つ投稿する。とか小さな目標をコツコツ続けることで楽しくなっていきます。

「あ、そうだ、ブログ書こう!」と前向きな気分になって取り組むことができればブログを書くこと自体がツラいものではなくなります。

そのためブログを続けるためには楽しい記憶を習慣化しておくことがコツです。

ステップ1 SNSやオンラインサロンで仲間を作る

ブログを書いていても誰にも見られていないとやる気ってどうしても上がらないですよね。ブログ仲間、ブログを見てくれる人は1人でも居れば自分のブログを見てもらえるのでお互いにメリットがあります。

SNSだとTwitterやInstagramは無料で始められるためブログを更新する度にどういう記事か発信することで誰かに見てもらえます。

また、いいねなどで反応をもらえると承認欲求が満たされてブログを書く大切なモチベーションに繋がります。

ハッシュタグで「#ブログ仲間と繋がりたい」などのハッシュタグで検索して仲間を見つけるのも良い方法です。

また、最近では僕はオンラインサロンでブログ仲間を見つけています。ABCオンラインやリベシティなどがブログ仲間も探しやすいためおすすめです。

  • SNSでブログ仲間や読者を探そう
  • オンラインサロンは手っ取り早く仲間が見つける方法

ステップ2 ブログ作業をスケジュールに入れる

1日のスケジュールに組み込む方法が自然とブログを続けられるコツです。

僕の場合は毎日朝7時〜7時半はブログ記事のアクセス解析をします。Google AnalyticsやSearch Consoleで自分のブログの様子を観察。そして、夜は20時〜22時でブログの時間をとっています。

ブログの時間といってもブログ記事を書くだけでなくブログに関することならなんでもしていいっていうようにゆるく時間を使っています。

ただし、Googleカレンダーなどのカレンダーでしっかりとブログのための時間を予定として入れておきましょう!

  • ブログに使う時間をスケジュールで管理しよう
  • 記事を書くだけが目的じゃなくブログのために使う時間にしよう

ステップ3 毎日ほかのブロガーのブログを読む

僕は毎日Twitterやオンラインサロンメンバーのブログを見るようにしています。

他のブロガーのブログを読むことはモチベーション向上にかなり繋がります。

なぜなら、「自分ならこうするな」とか「なるほど!こういうレイアウトは綺麗だな」とか発見が様々だからです。

誰かのブログを観ているとだんだんと自分もブログを書きたくなってくる感覚になるので不思議です。

ズボラなオッター

世の中には数多くのブロガーが居るから、こんなに大変なのにこんなにブログ書いてるんだ!!とびっくりすることもあるよ

にゃん助

共働き家庭の子育てブログは見ていて本当に感動するね。世の中のママさん、パパさんはスゴい!

  • 他の人のブログを見ることは勉強になる
  • ブログを読むことで自分のモチベーション向上にもなる
  • 自分の競合となる同じキーワードのブログ上位10件は読もう

ステップ4 1日で記事を書き終えない

ブログが辛くなってしまう原因の1つは記事をいきなり書いて1日でなんとか仕上げようとしてしまうことです。日々、仕事をしながらブログを書いている人が少なくありません。

仕事の合間、仕事のあとにブログ記事を書くと相当労力も使いますし、1日で仕上げようと思うとどうしてもオーバーワークになってしまうこともあります。

そこで僕がおすすめするのはマインドマップツールやメモ帳などでまずは下書きを作っておくようにして、1日でブログ記事アップまでしない。という方法です。

1日の1時間〜3時間程度ではなかなかいい記事はできません。

今日あげないといけない!と焦って作るのではなくゆっくりと時間をかけて1日1見出しのことだけ書くとかでも良いんじゃないかな?と僕は考えています。

ズボラなオッター

無理してブログを書くのはやめたほうがいいよ!

にゃん助

物足りないと感じるくらいで今日はやめておこう!というのが肝心

  • ブログをいきなり書き始めても今日仕上げないようにしよう
  • 無理するくらいなら明日に続きの作業をしよう
  • もうちょっとできそう、くらいで今日の作業は終わりにしよう

ステップ5 目標を高くしすぎない

ブログを毎日更新!今週はあと3つ書かないと!!とノルマに追われていて1日できなかったらそのままブログ更新をやめてしまう方が少なくありません。

目標やゴールを設定するのは良いことです。しかし、その目標が高すぎる場合はおすすめできません。

毎日更新や記事の量というのは現在SEOの観点からも少しずれているので記事を書くことに慣れるという意味では良いです。

しかし、ブログをアップすることをハードルにしないほうがブログ運営は続けられます。

例えば、とりあえずブログの記事タイトルを考えてみる、好きなことについて調べてみる、ブログの管理画面を開いてみる。それくらいを日々の目標にしてみてはいかがでしょうか?

  • 目標はどんなに忙しくてもできそうなくらい低めにする
  • ブログの管理画面を開くだけでも良い
  • 好きなことについて調べるだけの目標でも良い

ステップ6 過去の記事をリライトする

過去の記事をみなさんはどれくらい見直していますか?僕は正直100記事書くまで1度もリライトもせず放ったままでした。これは完全に失敗だと今は後悔しています。

ブログを書き続けて色々な人のブログを観ていくうちに自分のでブログのセンスがどんどん上がっていきます。そのため、過去の記事を見直してみるとなんともうひどいものです。

こんなの文章もめちゃくちゃだし、レイアウトも汚すぎて見てらんない!そういう記事がたくさんありました。そこでおすすめなのはリライトです。

過去の記事をリライトすることでアクセス数も向上し、モチベーションアップに繋がります。

しかも、過去の記事を見ることで「こんなに下手だったんだ」と自分の成長を実感できるので充実感も得られて一石二鳥ですよ!

まとめ

ブログを続けていると辛くなってやめてしまう方が少なくありません。僕もかつてはその一人でした。

しかも、無謀なことにブログを2つも作ってしまって、さらに毎日1つずつブログ記事を上げるという暴挙にでてしまいました。

その結果自分で自分を追い詰めていました。ブログは楽しいものだと思い、小さな目標をどんどんクリアしていくことでブログを楽しめるようになりますよ。

この記事のまとめ
  • ブログが続かないのは楽しくない、ツラい記憶のせい
  • ブログを見てくれる人はSNSで探そう
  • ブログ仲間はSNSやオンラインサロンで探そう
  • スケジュールにブログのための時間を入れよう
  • 他のブロガーのブログをたくさん読もう
  • 1日に詰め込んでしんどくなるなら明日にする
  • 目標は低くして、毎日できるであろうものにする
  • 過去の記事を見れば自分の成長を感じれる
  • 過去の記事を今の自分の最適なブログ記事へとリライトしよう
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文