デザイナーのための転職・副業・仕事情報

デザイナーの転職したきっかけのまとめ〜仕事は楽しくしないと後悔する〜

元グラフィックデザイナーで現在はウェブデザインを中心にUIデザインや情報設計もやっているデザイナー歴12年目のずぼらなオッターです。

ちなみに私は転職は4回しています。平均すると3年に1回のペースですね!オリンピックの周期よりちょっと早いくらいです。(笑)

よくデザイナーの仲間からも聞かれるなぜ転職するのか?という理由について今回はまとめてみました。

この記事を読んでもらえれば実際に転職して実現したこともわかるので参考になれば嬉しいです!

この記事が役立つ人
  • 転職を考えている人
  • デザイナーをしている人
  • 転職をしたことがない人

毎日の仕事を楽しくできないと50歳、60歳、70歳になったときに後悔すると言われているよね!

人生100年時代に入ったと言われているから楽しい仕事をしないと生涯働く時に後悔しちゃうもんね…

デザイナーは3年で転職しよう!転職は不利じゃない
【転職は絶対良い!】デザイナーは3年で転職するべき理由〜転職は不利にならない時代〜デザイナーになって12年目のわたしが考えるデザイナーのための転職についての経験などを詳しく経験を元に書いてみました。転職をすることでスキルアップと年収2倍を実現した経験を書いています。デザイナーの皆さんがもっと豊かに、自由の時間をもってクリエイティブな毎日をおくれることを私は願っています!...

収入アップしたいから

世の中の多くの人の悩みでもあるお金に直結するのが収入の問題です。やっぱり1番の転職の要因は収入アップです。

転職活動をしているとわかるんですが、意外と自分の市場価値って自分でもわかっていないことが多いんです。

転職活動を続けていると自分を求めてもらえる会社が自分が思ってた価値よりも高く評価してくれて収入がぐんと上がることがあります。

具体的には私の場合は始めての転職の時には年収が100万円もアップしました。

その後、昇給も毎年2回行われる会社だったのでその会社で前職に比べ140万円も最終的に年収アップできました。今思うと、前の会社にそのまま残っていたらこんなに昇給できなかったでしょうから、ぞっとしましたね。

上記のことから、転職は収入アップするには最も手っ取り早い方法です。

スキルアップしたいから

転職をして得られるもののメリットの1つにスキルアップというものもあります。

短期的には効果が見えにくいんですが、長期的に見るとかなり効果が高く生涯に役立つものとなります。自分のできること、ジャンルが広がることで必ず将来の役に立ちます。

転職することでたとえ制作会社であっても業務内容やクライアントが変わるのでより広い知識とスキルが身につきます。

それは将来フリーランスになったり、ディレクターになったり、会社を始める時に必ず役立つものとなります。

自分の時間のために残業したくないから

私はデザイナーでありながら残業を月20時間以上しません。人生において限りある時間を1分も無駄にしたくないからです。

そのため、最初の転職では残業時間を1分でも短く、ほとんどないような会社へ転職するために転職しました。

最初の制作会社では月に60時間〜80時間あった残業もその後30時間程度になり、現在では10時間未満にまで減らすことを実現しています。

残業が自分にとって生涯プラスになるような楽しいものなら良いです。

しかし、私は残業するよりも、その自分の時間でUdemyなどを使ってさらにスキルアップの学習や、英会話学習で生涯に役立つ学習をしています。

副業したいから

デザイナーは副業に最も向いている職業であると私は考えています。

なぜならデザインの仕事はネットとの相性も抜群で、日本中世界中に山程案件が転がっているからです。

その気になればデザインスキルがあれば副業で本業と同じくらい稼ぐことも正直難しくはありません。

転職して、残業を減らし自分の時間を作り、副業ができる会社で副業を初めたいから転職しました。

ちなみに副業はバレるんじゃないか?とよく心配される方が居ますが、適切な方法でやればバレることはまずないよっ!(参考:【鉄壁の守り】副業バレにビビるな!これなら安心できる3つの対策を解説!

人脈を広げたいから

転職を繰り返すことで当たり前ですが、関わる人がどんどん増えていきます。よって、交友も広がります。そのため人脈がどんどん人がっていくのです。

転職をマイナスに捉える人が現代でも稀に年配の人で見かけますが、多くの場合転職後でもやり取りをすることがほとんどです。

私も実際今までの会社の付き合い、同僚の人とはSNSや連絡先もつながっていて今でも知見を交換できる関係です。

生涯の資産にもなる人脈を広げるために転職するのも1つの理由です。

やりたいことが見つかったから

ざっくりとした見出しですが、仕事をしているうちに「あ、自分はこういう仕事をしていると楽しいかも」と思う瞬間がありませんか?

私の場合はデザインの仕事ももちろん好きなんですが、新しいことや新しいものが好きなのでなんか新しいもの、サービスに触れて仕事をしたい。と思うようになってITのベンチャー企業に転職しました。

デザイナーという肩書ではありますが、新商品や新サービスの企画もしていて楽しいのでやりたいことを仕事にできて今は毎日仕事をしていると楽しいです。

自分のやりたいこと、やっていて楽しいと思うことを見つけたらそれを突き詰めて転職してみるのは将来後悔しないために重要です。

毎日仕事に行くのが楽しみ!という仕事に就くのが1番です。自分のやりたいことが目的になっていない就職先では将来後悔する人が多いそうですよ〜!

まとめ

転職活動は大変と思われますが、転職サイトや転職エージェントに登録するだけなら全然苦労しません。

定期的に登録しておいて自分の市場価値を再確認することは大事ですよ。

自分が思っている以上に自分の市場価値が高いならすぐに高待遇な会社に転職するほうが将来、後悔しないし、損しません。

日本でも転職がどんどんスタンダードになりつつある

欧米などを中心に世界では転職がスタンダードになっています。そんな中、日本でも今では転職をポジティブにとらえていてどんどんスタンダードになってきたと実感しています。

将来的には終身雇用は廃止されると私は感じているのでより転職が当たり前になっていく世の中が近い将来スタンダードになるでしょう。(参考:2020年、日本人は「大転職時代」を迎えることになる

転職の理由まとめ
  • すぐに収入アップできるから
  • スキルアップしたいから
  • 自分の時間のために残業をしたくないから
  • 副業をしたいから
  • 人脈を広げたいから
  • やりたいことが見つかったから
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文