その他の商品レビューなど

【毎日服選びに悩みたくない!】服を選ばなくても良くなる方法

もう服を選ばなくても良い方法

こんにちは!Webデザイナーのずぼらなオッターです。毎日、クローゼットを開けて服を選んでいませんか?僕は毎回この服選びにストレスを感じてました。パンパンになったクローゼットの中から服を出してきて組み合わせを考えて…出かける前にストレスを感じていました。

そこで今回は無駄な服に悩まされず、思考をすっきりさせて毎日服を選ばなくても良い生活ができる方法をデザイナーである僕が簡単にわかるようにまとめました。服選びにストレスを感じている。という方には参考になれば嬉しいです。

にゃん助

出かける前に鏡の前でこれでもない、あれでもないと悩むことが多いんだよね

ずぼらなオッター

同じだね!僕もこれでいいんだっけ?と服選びに結構悩んでしまうね。買った時期が違う服との組み合わせも面倒くさいよね

この記事が役立つ人は
  • 毎日の服選びがめんどくさいと思っている人
  • 買っても着ない服がある人
  • 生活をシンプルにしたい人
  • クローゼットが狭くて困っている人
持たない生き方が最高の生き方
【人間関係の悩みも解消】持たない生き方で人生がどんどん楽になっていくものが溢れて部屋が散らかってしまっている、家がもので溢れている。かつての私も断捨離のできない人間でした。今回は[禅的]持たない生き方(金嶽 宗信)という本を呼んで持たない生き方について勉強し、この記事にまとめました。この記事を読むことで断捨離、持たない生き方を実践できる内容になっています。...

いつもの服を選ぶのになぜか服は増えていく

僕の家にはアウターだけで10着以上、パンツも10着以上、インナー、シャツは合計で20着以上あってどんな服が詳しくあるのかも正直はっきりと把握できてません。

そんなに色々な服があってバリエーションがあるのに結局出かける前に手に取る服はだいたい同じ服で、あまり着ない服はどんどん奥に行ってさらに使わない服になってしまいます。それは靴もかばんも同じで、いつも使うものはだいたい決まっていて、かばんも滅多に入れ替えることはないですね。

たまに休日になるとクローゼットの中をガサゴソとあまり着ない服を引っ張り出してくると、余計にコーディネートに時間がかかってしまって支度にどんどん時間がかかってしまいます。そんなに考えたのに、結局いつもの服、いつもの靴ってなることがほとんどです。

人がストレスなく選択できる数の限界

人が選択肢を与えられてストレスなく選べる限界は3つまでとなっています。そのため、服も靴もかばんも4つ以上から選んでいると知らずうちに脳はストレスを感じてしまいます。だから服を選んだりするのはストレスを感じて疲れてしまうっていうこともあるんですね。

なので例えばコース料理や何かのサービスのコースやプランは基本的には3択から選ばせるような事が多いです。ベーシック、シンプル、プレミアのような感じですね。3つの選択肢からだと人はストレスなくすっきりと選ぶことができるのです。

にゃん助

クローゼットの中にはいろんな服がいっぱいあるのに、結局着てない服って本当にあるよね

ずぼらなオッター

買ったときはテンションが高くて数日間は着るんだけど、そのうちなぜか二軍行きするんだよね

  • 同じジャンルのアイテムは3つまでにしないと知らずうちに毎日ストレスを感じてしまう
  • Tシャツは3着、シャツは3着、スニーカーも3足という感じにする必要がある

ステップ① 持つ服や靴のルールを決める

服やかばん、くつなどそれぞれのアイテムは3つまでしか持たないというルールをまず徹底します。例えばTシャツなら3着まで、靴下も3足まで。という感じにスニーカーやアウターやインナーもどんどん3つまで絞っていきましょう。

服とか、かばん、靴ってまだ使えるって思うとなかなか手放し難いですよね。僕の場合は思い切って捨てることがほとんどですが、売れそうって思ったらメルカリに出品するようにしています。そこでもし売れなかったら、価値がないってことなんで諦めてすぐに捨てるようにしています

最初のうちはアウターを3つに絞るなんて無理!と思われますが、ここでアイテムを絞っていくことでより残ったアイテムを好きになれるし本当に好きな服だけが残るので実は気分良く過ごすことができるようになります。

ステップ② 色も3色ルールを作る

アイテムを絞っていくときに気になるのが何を基準に3つ残していくのか。ということです。赤のスニーカーを残して、青のTシャツと緑のアウターだけ残すっていう感じにしてしまうと結局ファッション性も悪いし悩んでしまう原因になってしまいます。

アイテムを3つに絞るときに色もバラバラになってしまわないように、自分の好きな色、身につけたい色を3色選びます。例えば僕の場合は青、白、青です。この場合濃淡はOKとしているのでグレーなどもOKとしています。

そうすることでどんなアイテムで組み合わせてもある程度ファッションとしてもまとまるようになります。一番の理想はモノトーンとブラウン系でしょう。無印良品でよく展開されているカラーバリエーションです。モノトーンとブラウン系にしておくとどんなアイテムの組み合わせでもおしゃれに着こなすことができますよ。

  • 好きな色を3色選び、その色だけのアイテムしか持たない
  • おすすめはモノトーン+ブラウン系
  • 濃淡はOKだからグレーなどはOK

ステップ③ なるべく無地のものを選ぶ

服を3つに絞るときに最後に気をつけてほしいのはなるべく残すアイテムは無地にしておくことです。柄が入ったり、デザインが特殊なものだとどうしてもそのアイテムを中心に考えないといけなくなるためおすすめしません。

無印良品の商品が究極に選択しやすいラインナップです。無印の商品ってどの服を組み合わせてもだいたい合うようになっていて形がデザインされていて変わっているものでも色や柄がシンプルなのでどんなコーディネートでもしやすいようになっています。

なるべく無地のものだけでまとめておくとさらに選ぶ時間が短縮されて服を選ぶ時間が時短になりますよ。

まとめ:服選びから開放されて時間を有効活用する!

パンパンになったクローゼット、毎朝悩んでしまう服選び、これらから開放されることでかなりすっきりと暮らすことができますよ。服を選ぶ必要がなくなっていくことで時間も有効活用できるので、服選ぶ時間も時短できてその時間をほかの趣味の時間などにも充てることができるようになります。

僕の場合は服を選ぶ時間が今では5分もかかってないので、さっとシャワーを浴びて服を取るだけで準備ができるのでフットワークもだいぶ軽くなりました。

ジムに行くのも簡単だし、浮いた時間でトレーニングや読書、勉強に使うことができてとても時間を有効活用できてるなあと実感しています。服を手放すのは最初かなり苦労しますが、シンプルに暮らすことはかなり自由で気楽なので3つまでに絞る方法かなりおすすめですよ。

今回の記事のまとめ
  • 衣類の種類ごとにアイテムは3つまで
  • アイテムは3色に絞る
  • 無地のものを選んだ方が良い
  • 3つまでの選択肢なのでストレスがない
  • より今ある服や靴に愛着が湧く
ずぼらなオッターのつぶやき
お問い合わせ

    必須 お名前

    必須 メールアドレス

    任意 題名

    任意 メッセージ本文